就活面接対策:面接での発声

就活面接対策:面接での発声

 面接という特別な場でなくても、小さな声でぼそぼそと話すと聞こえにくく印象が悪くなります。まずは大きな声を出すようにすることが大切です。大きな声と大声とは違いますので、怒鳴るような声を出す必要はありません。念のため。大きな声を出すポイントは、口をしっかりと開くことです。鏡を見ながら自分で試してみるとわかると思いますが、口の開きが小さいと声が小さくなります。声が小さいだけでなく、発声も不鮮明になります。また、しっかりと口を開いて発声すると、元気で明るい印象を与えます。口の開きを意識してしっかりと発声するように心掛けましょう。

 きちんとした発声をするために、意識するもう1つのポイントは腹式呼吸です。椅子に背筋を伸ばして座って、下腹(おへその下辺り)に片方の手を軽く当てます。次に手を当てた辺りが膨らむように息を深く吸います。お腹が膨らまない人は胸で呼吸をしているので、お腹を膨らませることを意識して呼吸をしましょう。そしてゆっくりと息を吐きながら「あー」と発声してみます。これが腹式呼吸の基本と発声方法です。「あー」という声が長く続かなかった人は、普通に話をしている時も声が長続きしていないはずです。腹式呼吸をマスターして、聞こえやすい発声を身に付けていきましょう。

Pocket



Top