(就活対策)ES:エントリーシートの「10年後、20年後のイメージ」

(就活対策)ES:エントリーシートの「10年後、20年後のイメージ」

 「10年後はどうなっていたいですか」といった質問も、よくある質問の1つです。「20数年しか生きてないのに、10年後なんて想像出来ないよ」という人もいるかと思います。しかし、企業には中長期計画などがあり、5年後、10年後を見据えて企業活動をしています。その中に身を置こうとしているのですから、10年後をイメージすることは大切です。何より、将来のビジョンが描けないと、なかなか志望先企業を絞り込めません。

 何から手をつけていいかわからないという人は、親戚や先輩など身近な人の中で入社10年目の人を思い浮かべてみて、その姿と自分を重ね合わせてみましょう。共感できる部分もあれば、相容れない部分もあるはずです。それらを1つずつつぶしていくと、自分の将来像が漠然とでもイメージ出来てくるはずです。

 10年後の姿がイメージできたから終わりではなく、もう1つ大切なことがあります。10年後にイメージ通りの自分になっているためには、何が必要かを考えることです。その必要なものを満たすためには、今何をすべきか。というところまで結び付けられれば、ほぼ完璧と言っていいでしょう。

Pocket



Top