転職情報ナビ
転職成功マニュアル

転職回数が多いと有利?不利?実際の体験談を紹介:転職・中途採用情報

転職に伴い、中途採用求人へ応募をする人の中には、過去数回転職をされている方も少なくありません。

多くの転職者の理由として「企業が合わなかった」「人間関係がうまくいかなかった」などがあるほか、中でも特に「ほかにやりたい仕事があるから」というものが多く見られます。 それによって様々な職種を経験してきた方の多くが「だんだん書類選考に通らなくなってきた」という問題にも直面しているようです。

一般的に企業側は3~5回目から回数を気にし、その回数によって採用・不採用の判断基準としている所もあります。 しかし、近年では転職回数をあまり気にせず、人柄や意欲を評価して採用する企業も増えてきており、必ずしも転職が多いことが本人や企業にとって不利になるとは限りません。 転職成功者の声として、履歴書や職務履歴書の書き方や自己アピールの方法によって改善されたという人も多く、中には「8回ほど転職しているが、やっといいところに就職できた」「20回以上の転職をしたが、大企業に就職することができた」など、苦労をした末に望んだ職場に出会う人もいます。

Pocket

Top