転職情報ナビ
転職成功マニュアル

転職の面接で抑えておきたいよくある質問の回答例・逆質問テク:転職・中途採用情報

転職を上手く成功させるためには、やはり自己PRが不可欠です。 中途採用での転職の場合は新卒の就職とは違い、アピールの方法として活用できるものがあります。それは職務経歴書です。

履歴書にも職務経歴書にも自己PR欄はありますが、基本的に履歴書を見た後に職務経歴書を見る場合が多いです。そこで、自己PRは職務経歴書に詳しい内容を書き、履歴書の方には企業に一番伝えたい内容を書くという手段が望ましいです。 ですが、ここでまず、第一に重要な点があります。それは、履歴書全体的に目を通して貰うということです。そのためには、読みやすさと簡潔さを意識して書く必要性があります。

つぎに職務経歴書の書き方ですが、自己PR欄には自分の長所以外にも、転職ということでこれまでの就業の実績や経験を書くことができ、そこを転職先の企業に如何に伝えるかが重要になります。興味を惹いてもらうために、実際のエピソードを絡めて書くという方法や、今までの実績などを数字化することにより、具体的な説得力を持たす方法なども有効です。 ですが、ここで注意したい点は、長所や実績が単なる「自慢」に見えないようにすることです。つまり、「結果」だけでなく、至った「過程」や「努力」などに重きをおいて書くことが大切です。 また、職種によっては、自己PRの内容が最適かどうかを吟味することも必要です。職務内容とかけ離れすぎていてしまってはせっかくの自己PRも無駄となってしまいます。 以上を考慮しつつ、企業に向けて、強みとして伝わるように書く工夫をしてみてください。

どのように書くのが良いのかなど、迷った場合は、自己PRの例文なども、転職サイトなどで「自己PR例文集」や「自己PRサンプル集」といったものがありますので、それを参考にするのも良いでしょう。

Pocket

Top