転職情報ナビ
転職成功マニュアル

面接で転職理由を聞かれたときの模範解答例:転職・中途採用情報

転職活動における重要なプロセスのひとつであるのが面接です。その中でも、中途採用担当者からの答えにくい質問のひとつとして挙げられるのが転職理由となります。基本はネガティブな理由であることは多いでしょうが、もちろん、そのまま伝えることが良策とはいえません。そんな時は、「ネガティブをポジティブに変換する」ことで、転職を成功させる確率が大きく上がるといわれています。 では、ネガティブな理由をどのような言い回しでポジティブな気持ちに変換できるのか、例をピックアップしてみます。

まずはネガティブな理由の例として、「営業ノルマのハードルが高い」「毎月の給与が低すぎる」があるとします。これをポジティブな言い方に直した例が、「クライアント1人1人と、長い信頼関係を築ける仕事をしたい」「自身の実績評価を正当にしてくれる会社で働きたい」となります。双方とも、根本的な仕事への気持ちは変わらないことでしょうし、担当者の方も、前向きに道を進もうとしている意思表示だとして評価してくれるのです。

つまりは、不満理由を紐解くことで、自身の持つ仕事観が明確になってくるのです。それを基盤にして転職活動を行うことで、あなた自身もきっと満足のいく結果がみえてくるでしょう。

Pocket

Top