面接官はここを見てる!よく出る質問と対策法:転職・中途採用情報

面接官はここを見てる!よく出る質問と対策法:転職・中途採用情報

書類選考を通過してついに面接という時に役立つ、面接の質問と対策法をまとめてみました。

よくある質問として、面接のはじめの方に、自己紹介や長所・短所を聞かれることがあります。これは企業がもとめる人材かどうかを見極めるために行われる場合が多いようです。ここで、しっかり簡潔に自分をアピールできれば、好印象となります。だらだらとしゃべらない、自慢話にならないよう気を付け、長くとも3分程度にまとめましょう。

また、中途採用の場合、離職の理由を問われる場合がよくあります。ここで、面接官は転職したことにより、前職の不満や不安をどのように解決していくのかを見るようです。転職理由がネガティブな場合でも前向きな回答ができるように準備しましょう。前職のグチや不満などはNGです。

次に、面接官は、質問から面接者のスキルがどの程度かを見ています。履歴書や面接でよく見せていても、食い込んだ質問をする、ということを行い面接者が嘘をついていないかをさぐっています。自分をよく見せる努力は必要ですが、盛りすぎてしまうとすぐにばれてしまい、ほかにどんなに良い面があっても、すぐに不採用となってしまいます。

最後に「なにか聞きたいことはありますか?」などと問われることがあります。この質問に対し、面接者が答えない場合、減点の対象となることが多いようです。やはり、自分が興味を持った企業に対し、何の質問もないというのは印象がよくないようです。 以上、簡単に質問と対策をまとめましたが、挨拶や受け答え、服装や身だしなみといった、社会人としてのマナーも見られていますので、面接は気を抜かないようにしましょう。書類選考を通過してついに面接という時に役立つ、面接の質問と対策法をまとめてみました。

Pocket

※ウェブリオへのインターンへ応募したい方は、「ウェブリオのインターン」をご覧下さい。


Top