転職情報ナビ
転職成功マニュアル

転職者が注意するべき、正しい源泉徴収票についての知識:転職・中途採用情報

中途採用が決まると、転職先に源泉徴収票の提出を求められます。この源泉徴収票について、正しい知識を学んでおきましょう。

源泉徴収票とは、その年に稼いだ金額と納税した金額を記した紙のことで、在籍していた会社の名称などが記載されています。 転職した際には、在籍していた会社から源泉徴収票を受け取り、転職先の会社へ提出することになります。そうすることで、転職先の会社はあなたが1年間に稼いだ金額と納税した金額について、前の会社と合計した金額を把握できるようになるのです。 なぜ合計する必要があるのかというと、給料から毎月天引きされている税金は、実は概算で支払っているからです。そのため、月々の納税額を合計すると、本来支払うべき金額よりも多く支払っていたり、少なく支払っていたりします。その差を埋めるために行われるのが、年末調整です。 普通のサラリーマンの場合、年末調整は会社が行ってくれます。年間の給料から本来の納税額を計算し、多く支払った分が給料とともに返還されます。しかし、転職者の場合、転職先の会社は前の会社での収入や納税額など知りません。そこで、会社に年末調整をしてもらうために、源泉徴収票の提出が必要となってくるのです。

源泉徴収票は1年間の給与と税金の合計額を知るためのものですから、1月から12月までのあいだに転職を複数回している方は、在籍したそれぞれの会社の源泉徴収票を提出することになります。 もしも源泉徴収票を提出しなかった場合は、ご自身で確定申告を行う必要が出てきてしまうので、源泉徴収票は退職時に忘れずに受け取り、転職先の会社へかならず提出するようにしましょう。

Pocket

Top