転職情報ナビ
転職成功マニュアル

転職を考えているなら知っておきたい退職後の住民税手続きについての役立ち情報:転職・中途採用情報

住民税の納付には2種類あります。 「普通徴収」といって自身が自治体へと納めるもの、「特別徴収」といって従業員の代わりに企業が納めるタイプです。退職月分に関しては企業から給与の天引きがされますが、それ以降は自分で支払わなければなりません。その際に、「退職に伴う普通徴収への切り替え」というものを企業に行ってもらいましょう。転職して中途採用が決まった場合は、企業間で手続きを行ってもらえば新しい会社で「特別徴収」を引き継ぐ形になります。 支払いについてですが、「特別徴収」は12分割して毎月支払われます。それに対し、「普通徴収」は6月、8月、10月、1月の合計で4回の支払いです。

分からないことがあれば税務署や会社に聞いてみるのが良いでしょう。

Pocket

Top