転職で面接のお礼メールをするときに気を付けたいこと:転職・中途採用情報

転職で面接のお礼メールをするときに気を付けたいこと:転職・中途採用情報

転職活動で、企業の面接まで進むことができたとしても、採用結果をただ待っているだけというのは少し勿体ないように思えます。もし、面接後でもアピールをもうひと押しできる機会があるとしたら、どうでしょうか? その機会というのが、「面接のお礼メール」です。お礼メールを送らなかった場合でも、合否に大きな影響は与えられないかも知れません。しかし、微妙なラインで合否判断を迷っている場合は、お礼メールによって、中途採用担当者の印象がプラスに働く可能性があります。漫然と結果待ちの時間を費やしているだけなら、すぐにでも行動に移してみましょう。

なお、お礼メールを送る上で気を付けなければいけない点として、先方に可能な限り早く見てもらうことが挙げられます。企業によっては、面接後すぐに採用合否を決定している場合もあるでしょう。合否決定後にお礼が届いても遅きに失しますので、迅速に送ることが大事です。 他にも、企業名や担当者の誤字脱字は当然として、ネット上に落ちているテンプレート(例文)をそのまま使わないようにすることが注意すべき点と言えます。

Pocket

※ウェブリオへのインターンへ応募したい方は、「ウェブリオのインターン」をご覧下さい。


Top