宅建に関する職種の転職は有利?自分に合う会社を見つけよう:転職・中途採用情報

宅建に関する職種の転職は有利?自分に合う会社を見つけよう:転職・中途採用情報

宅建士(住宅建物取引士)は、不動産の取引に関しての国家資格です。会社や店舗を配置する際には不動産の知識が必要であり、不動産業界だけではなく一般企業でも宅建士が必要とされています。そのため、宅建士の資格を取得していると転職に有利であると言われています。

不動産業界は、従業員が5人いると1人は必ず宅建士であることが義務付けられています。そのため、特に不動産業界では宅建士の募集は常に多く見られ、中には未経験可というものもあります。また、ほとんどの企業が宅建士に資格手当を支払っており、中途採用された後も非常に優遇されています。 宅建士の毎年の合格率が15%前後と高くはありませんが、取得する価値がある資格と言えるでしょう。宅建士(住宅建物取引士)は、不動産の取引に関しての国家資格です。会社や店舗を配置する際には不動産の知識が必要であり、不動産業界だけではなく一般企業でも宅建士が必要とされています。そのため、宅建士の資格を取得していると転職に有利であると言われています。

Pocket

※ウェブリオへのインターンへ応募したい方は、「ウェブリオのインターン」をご覧下さい。


Top