転職情報ナビ
転職成功マニュアル

まずは面接にこぎつけるための転職時の履歴書の書き方:転職・中途採用情報

転職を目指す際の第一の関門は、履歴書や職務経歴書による書類審査です。ここを突破できなければ、面接の場で自分の話を聞いてもらうことさえできません。 それでは、面接に進むための履歴書の書き方とは、いったいどのようなものでしょうか。

中途採用の求人では、企業は即戦力の人材を求めています。自分自身のこれまでの仕事や、持っている資格などをただ書き連ねても、それが応募先の企業の仕事となんら関係のない事柄であれば、まったく意味がありません。応募する職種にマッチしている経験やスキルを書くことが重要となります。未経験の職種に応募する場合であっても、これまでの自分の経験を活かせることを文章でアピールしましょう。 履歴書の欄をただ埋めるために文字を書くのではなく、「自分が採用担当者だったらこの人に会ってみたい」と思わせる書き方をすることが、面接の場に近づくための方法です。

また、転職活動では退職理由の書き方に悩む人もいるかもしれません。しかし、これは面接まで進んだ際に詳しく聞かれることです。履歴書では、「一身上の都合により退職」「会社都合により退職」「契約満了のため退職」などの定型文でかまいません。 詳しく書くべきところは詳しく書き、そうでないところは簡潔に済ませることで、読みやすい履歴書になるでしょう。

Pocket

Top