(就活対策)自己分析:なぜ必要なのか

(就活対策)自己分析:なぜ必要なのか

 自己分析とは、文字通り自分を分析することで、自分がどんな人間かを考えることです。 「自分がどんな人間かはそれなりにわかっているよ」という人もいるかと思います。では、なぜ就活で改めて自己分析をする必要があるのでしょうか。

 1つはミスマッチを防ぐためです。最近は新卒で入社した人の約3割が3年以内に辞めるというデータがありますし、1年以内に辞める人も増えています。「働いてみたらこの仕事は自分に向かないことがわかった」というのでは、何のために一生懸命就活してきたのかわからなくなります。「自分がやりたいことは何か」「自分はこれからどのような人間になりたいのか」を深く掘り下げることで、自分に合った仕事や働き方を選んでいくことが大切なのです。

  もう1つは、自分が選んだ仕事に就くために、働きたいと思った企業へ自分をアピールするためです。「私はどんな人間で、何が得意で、今後はこんなことにチャレンジしていこうと思っています」ということ客観的に伝えられなければ、企業は採用しようとは思いません。言葉だけを並べたりマニュアルを真似たりした対応は、すぐに見抜かれてしまいます。長所、短所、特技、好み、経験、価値観、経験などをしっかりと踏まえて自分を見つめ直すことで、しっかりとした裏付けと厚みのある自己PRが出来るようになるのです。

 また、自分の長所や短所が客観的にわかれば、長所を伸ばし短所を改善していくことが出来ますし、どうすれば物事を潤滑に進めることが出来るのかがわかってきます。それによってメリハリのある充実した生活を送れるようになります。生きていく上で自分を理解することはとても大事なのです。社会に出る前の就活で自己分析をすることは、単に就職のためだけではなく、これからの人生を考えるためにも必要不可欠と言えます。

Pocket

就職活動のためのインターン
本気で起業したい人向け。実戦型インターンシップ
※ウェブリオへの転職・中途採用(キャリア採用)への応募を希望の方は、「ウェブリオのキャリア採用・中途・転職の求人情報」をご覧下さい。


Top