就活マナー(手紙・添え状):基本的なルール

就活マナー(手紙・添え状):基本的なルール

   メールの普及にともなって、手紙を書く機会が減っています。就活においても今やメールでのやりとりが主流になっています。そのせいか、手紙を書くことに慣れていない人が多いようです。そんな時代だからこそ、手紙は印象に残り好感度アップにつながります。

   「手紙を書いた方がいいと言われても書き方がよくわからない」と躊躇してしまうかもしれませんが、手紙には一定のルールがあります。形式、言い回し、言葉遣いなどのポイント押さえれば、思っているほど難しくはありません。基本を覚えて手紙を上手に活用していきましょう。

手紙の基本ルール

・前文、主文、末文、後付の4つのパートで構成される
・前文は「拝啓」などの頭語と時候のあいさつで、相手への敬意を伝える。
・主文は伝えたい本題。書き出しは「さて」や「このたびは」が一般的で、一文字下げて書き始める。用件は簡潔にわかりやすくまとめる。
・末文は結びの挨拶と結語を入れて手紙を締める。「拝啓」なら「敬具」、「謹啓」なら「謹言」「敬白」など、結語は頭語に対応しているので間違えないように。
・後付は日付、署名、宛名を書く。
・封筒に書く宛先住所は郵便番号枠の1~2文字くらい下から書き始め、都道府県は省略しない。宛名は中央に宛先住所よりも大きな文字で。差出人住所、氏名は封筒裏面の左下に宛名よりも小さい文字で書く。

Pocket

就職活動のためのインターン
本気で起業したい人向け。実戦型インターンシップ
※ウェブリオへの転職・中途採用(キャリア採用)への応募を希望の方は、「ウェブリオのキャリア採用・中途・転職の求人情報」をご覧下さい。


Top