ウェブリオ株式会社 公式サイト

ウェブリオ株式会社

営業部インタビュー・武田

個人の成長から組織全体の成長へ 入社5年目の意識の変化

部署名:営業部
氏名:武田 翔

とにかく成長したかった

大学卒業後、一年間留学費用を貯めて、アメリカに留学しました。留学経験自体は、非常に充実したものでしたが、同世代より社会人のスタートが遅かったと感じていましたので、就職活動中の最大の軸は、”成長できる仕事に就くこと”でした。数ある企業の中でウェブリオを選んだ理由は、大規模なサービスを提供しつつも、ベンチャー特有の自由な、裁量のある環境に惹かれ入社を決めました。

個人の成長から組織のトップとしての成長へ

入社後3か月で、フィリピン支社(PLC)の支社長に就任しました。設立間もなかった当時のPLCは、組織の土台はほぼ整っていませんでしたが、不安よりも、「やってやるぞ」という気持ちの方が大きかったです。とはいえ、異国の地で、文化も商習慣も違うことばかりですので、最初は自分の仕事をこなすだけで精一杯でした。

支社長という立場から、意思決定の機会は多々あり、重責の伴う決断をくだす機会も少なくなかったです。しかし、自分が戸惑っていると、大切なメンバーが路頭に迷ってしまうことを考えると、決して逃げてはいられない状況でしたし、そのような環境が、自分自身の成長が主な関心であった自分を、組織のトップとしての自覚と成長意識を持つ自分に変えてくれたと思います。また、設立当時に採用したメンバーは、現在はマネージャーとしてPLCを支えてくれています。彼ら彼女達の努力がなければ、今の会社の成長はなかったですし、一緒に切磋琢磨して頑張ってきたことは、自分にとって大切な財産となっています。

英会話事業の成長に貢献する

駐在を終え、現在は営業部に在籍し、新規の教育機関様向けに、オンライン英会話の提案、導入をしております。フィリピン駐在時から、オンライン英会話には一貫して携わっておりますので、知識や経験が活かされることもありますが、営業職は、自分のキャリアで初めての経験ということもあり、学ぶことが多々あります。

入社した当時は、留学で培った英語力を社会に還元したいという想いが強くあり、現在ももちろんありますが、「オンライン英会話は事業の柱として適切な舵を切っているのか」、「社会的意義を果たしているのか」など、新たな視座が加わったように思います。今後の目標は、営業部内で結果を出すことはもちろんのこと、営業部内や後輩の育成環境の整備など、営業部の礎を築くために組織づくりにも貢献していきたいと考えています。