ウェブリオ株式会社 公式サイト

ウェブリオ株式会社

経営企画部インタビュー・甲斐

会社全体に関わる、共創することの大切さ

部署名:経営企画部
氏名:甲斐 匡歩

1年目から裁量広く、会社全般に関わりたかった

元々京都オフィスでインターンとして働いていたのですが、そのあとも正社員として働くと決めた理由は2点あります。1つ目は、入ってできることの多さです。具体的には、現在経営企画部で多角的に業務を行っているのですが、会社のステージ的にも仕事内容的にも全体に関わることが出来ています。当時就活していたときに見ていた会社の中で、最初からそういう会社全般を見れるポジションに就ける環境は多くありませんでした。2つ目は、社風と人です。インターンのからいい意味で非常に合理的な会社だと思って働いていました。合理的というとお堅いというマイナスなイメージも伴うかもしれませんが、ウェブリオの合理的とは「それが論理的に正しければやる」ということです。つまり、役職や入った年次に関係なくそれが理にかなっていさえすれば自分の提案が通ります。そういった面で仕事がしやすそうだなと考えてウェブリオを選びました。

一般的に会社の中で全体に関われるところでいうとポジションや年次があがるごとに関わる範囲が増えます。でもウェブリオは新卒で早めに関われるので、そういった点で他の世代の人より成長できるかなと思います。仕事として一部より全体に関わって影響を与えたい気持ちがありました。成長というよりかは自分が会社や組織・社会にどうかかわりたいかですね。専門的な成長よりもベクトルの方向として会社全体に携わりたかったんです。

自分一人で出来ると思っていた。井の中の蛙だった

入社して1年経ったころ、スピーキングに関するウェブリオのプロダクトを他社に導入する計画が立ち上がりました。そのプロダクトはまだ出来て間もないもので、導入先として検討されていたのも知名度の高い教育系の企業です。大きな会社との契約でしたが会議までの段取りまでは自分一人で出来ましたし、1年経って少し自分も成長したのかなと考えていた矢先のことでした。導入で開発の人に力を借りる必要があり、それも簡単に調整できると思い依頼をしたところ、導入にストップがかかったんです。実はプロダクトに必要なサーバの構成費用などが自分の予想した以上にかかっており、その予算ではダメだという内容でした。知識がないので、何が悪いのかもわからずただ怒られるのは自分が悪いとはいえ辛かったですし、何より悔しかったです。でもそこで、ただ知識を身に着ければ解決するというわけではないことに気づきました。

大学までは一人で考えて実行したものが成功することが多かったのですが、初めて誰かと連絡を密にとって共創することの大切さを知りました。当たり前だけどどういうサービスを提供したくて、どのような前提部分から社内の各部署に共有した上でGOサインをもらう形にしました。結果的に導入まで持ち込めたことは嬉しかったです。自分の未熟さを知る機会にもなりましたし、いい経験だと思っています。

会社へ貢献できることは、なんでもやろうと思う

この先については、より会社に対するインパクトの大きいことができればと考えています。例えば最近広告運用の仕事(Webサービスやアプリにおける広告収益の最大化をする仕事)に携わり始めたのですが、収益額という意味でかなり会社に対するインパクトが大きいので、ミスもできないですし、成果が出たら会社に対して大きな貢献ができると考えています。基本的には仕事の選り好みはしない主義なので、会社へ貢献できることであれば何でもやっていくつもりで考えています。