ウェブリオ株式会社 公式サイト

ウェブリオ株式会社

Weblio英和辞典・和英辞典が選出する「今年の英単語」、2019年は「enthronement」に決定!

ウェブリオ株式会社(東京都世田谷区 代表取締役:辻村直也、以下ウェブリオ)は、年間2億人が利用するオンライン英語辞書「Weblio英和辞典・和英辞典」における年間の検索ランキングを解析し、世相と連動して検索数の急上昇が見られた英単語を「今年の英単語」として発表しています。
流行語大賞とは一味異なる、英語ならではのトレンドが表れたものになっています。今年は大賞の「enthronement(即位)」のほか、ラグビーワールドカップで何度も耳にしたあの単語や、国際会議「気候行動サミット」で話題となったあの単語、キャッシュレス化など社会の流れを反映した単語など、バラエティに富んだ英単語が入選しています。

「今年の英単語2019」の詳細は特設ページで12月9日から公開しています。


■今年の英単語2019 は「enthronement」





「今年の英単語2019」は「enthronement」に決定いたしました。
「enthronement」は「即位」という意味です。今年は、4月に現在の上皇陛下が退位され、5月に今上天皇が即位されました。それに伴い新元号の発表や改元、即位の礼が行われるなど、数十年に一度の出来事である「改元」は、一年を通して注目されました。
「enthronement」は4、5月と10月に検索数が増加しており、即位の礼が行われた10月22日には一日で6500回以上検索されています。なお、年間の総検索数は3万を超えています。そのほか、改元に関連して4月には「order(秩序)」や「harmony(調和)」など、「令和」の英語訳で話題になった英単語も多く検索されました。

今年の英単語「enthronement」の詳しい解説はこちら


■今年の英単語2019にノミネートされた9語




今年の英単語2019にノミネートされた9語の詳しい解説は特設サイトでご覧ください。